2022年度日本雪工学会賞候補者募集

12月 16th, 2022

2022年度「日本雪工学会賞」候補者を募集いたします。賞は「学術賞」、「学術奨励賞」、「技術賞」および「功労賞」の4種類です。下記要領をご覧のうえ、ご推薦下さい。

 

1.応募方法

本会の正会員、団体会員、もしくは各委員会からの推薦、または自薦によるものとします。候補者は本会の会員であることが原則ですが、技術賞(個人が対象の場合を除く)については本会会員の推薦があれば、候補者が会員でなくとも応募できます。

 

2.賞の対象と賞候補の資格

(A) 学術賞

日本雪工学会の会員であって、原則として最近5年間に日本雪工学会論文集、その他学会の刊行物に研究、計画、設計、施工、考案などに関する優れた論文を発表し、これが雪工学における学術、技術の発展に寄与すると認められた者に授与する。

(B) 学術奨励賞

学術賞に準ずるが、原則として、授賞時に満40歳未満である者に対し、その研究が優れた独創性と将来発展の期待できる萌芽的内容に富むと認められた場合に授与する。

(C) 技術賞

雪国に住む人々に役立つ技術開発を行ったり、雪対策事業や積雪寒冷環境を媒体として町おこしなどの優れた事業成果をあげた本学会個人会員や事業体並びに自治体に授与する。なお団体が対象となる場合は、本会員の推薦があれば候補団体は本会会員でなくともよいものする。

(D) 功労賞

本学会員であって、長年にわたり本学会の運営・発展に寄与し、顕著な業績をあげたと認められる者に授与する。

なお、各賞の受賞要件の詳細については、日本雪工学会表彰規定(ホームページに掲載)をご覧下さい。

 

3.提出書類と応募締め切り

(1) 学会賞候補推薦書(候補者の略歴を含む)   1部
(推薦・応募には所定の様式をお使い下さい)<推薦・応募用紙>

(2) 対象となる論文、報告等       1部

(必要に応じて資料を一部提出して下さい)

応募締め切り 2022年12月31日

 

4.審査・決定・表彰

「表彰委員会」で審査し理事会で決定します。表彰は2023年度通常総会で行い、賞状と副賞を贈ります。また2023年度雪氷研究大会において、受賞記念講演をして頂きます。

 

5.提出先

メールの添付ファイルとして下記宛に送付して下さい。ファイル転送サービス等をご利用いただいても結構です。

 

〒945-1195 新潟県柏崎市藤橋1719

新潟工科大学

日本雪工学会表彰委員会 富永 禎秀

E-mail: tominaga@abe.niit.ac.jp

Tel: 0257-22-8176

 

6.その他

(1) 応募書類を受理した後、応募者に受理した旨お伝えします。送付後、数日内に通知がない場合は、お問い合わせください。

(2) 受賞決定は直接本人に通知します。また、受賞者は日本雪工学会誌に掲載します。

 

雪氷防災研究講演会のご案内

10月 31st, 2022

11/15(火)オンライン開催『雪氷防災研究講演会』のご案内です.
今年度は「最近の大雪災害とその対応
ー新潟県上越地方での取り組みー」と題して開催いたします.

 

参加ご希望の方は下記フォームよりお名前・メールアドレスなどをご登録ください.
後日メールで参加方法をお知らせいたします.
https://forms.gle/TntmsJXzxL8fRMPr9

 

定 員:90名(複数人での視聴をご希望の際は代表者のみお申込みください)
申込締切:11/10(木)(ただし定員に達した場合は締切前でも受付中止いたします)
開催日時:11/15(火)15~17時
開催方法:オンライン開催(ZoomまたはYoutube配信)

 

講 演
「最近の雪氷災害の特徴と防災科学技術研究所雪氷防災研究センターでの取り組み」
防災科学技術研究所雪氷防災研究センター長 中村一樹
「上越市における最近の大雪災害とその対応」
上越市道路課雪対策室長 名倉浩
「妙高市における最近の大雪災害とその対応」
妙高市総務課長 吉越哲也
「上越地域における新潟県が管理する道路の大雪の概要とその対応」
新潟県上越地域振興局地域整備部維持管理課長 沼屋賢一
「一昨冬と昨冬の大雪の記録を残して活かすには」
防災科学技術研究所雪氷防災研究センター特任参事 上石 勲
意見交換
「上越地方から全国の雪国への発信・東京への発信」

 

主催:国立研究開発法人防災科学技術研究所
後援:(公社)日本雪氷学会北信越支部・日本雪工学会上信越支部

 

お問合せ先:
国立研究開発法人 防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター
契約研究員  伊藤 陽一
〒940-0821
新潟県長岡市栖吉町前山187-16
TEL:0258-35-7520
FAX:0258-35-0020

 

学会賞授与式及びシンポジウム開催のご案内

5月 19th, 2022

2022年5月27日(金)に日本雪工学会の総会が開催(オンライン併用)されます。総会に引き続きまして、例年通り学会賞の授与式とシンポジウムを同じくオンライン(Zoom)併用で開催いたしますので、是非ご参加ください。オンライン参加は、事前申し込みの必要はございません。接続先については、別途、会員宛のメーリングリストでお知らせしますので、ご確認ください。

 

 

◎開催日時

日時       2022年5月27日(金)

 

場所       現地会場:千葉大学工学部 10号棟107会議室(千葉市稲毛区弥生町1-33)

オンライン:Zoom

(※接続先は会員宛のメーリングリストでお知らせします。総会とは異なりますのでご注意ください。)

 

内容       2021年度日本雪工学会賞 授与式 (15:45~16:00)

シンポジウム(16:00~17:00)

 

◎次 第

15:45  開会

15:47  学会賞の選考について

15:50  表彰式・記念撮影

 【学術賞】

  中島 肇 氏

  業績名:鋼構造物の対雪設計に関する一連の研究

【学術賞】

 石田 眞二 氏

  業績名:北海道における道路空間の付加価値向上とドライブ観光の活性化に関する一連の研究

 【技術賞】

  (株)興和・積水化学工業(株)・新潟市共同研究体

  業績名:ヒートポンプレス下水熱融雪システムの開発

 【功労賞】

  福原 輝幸 氏

  業績名:道路雪氷問題に関する先駆的研究と学会発展に対する多大な功績

16:00  シンポジウム講演開始

 演題:ヒートポンプレスで低LCCと高COPを実現する下水熱融雪システムに関する研究

  講師:(株)興和・積水化学工業(株)・新潟市共同研究体

  株式会社興和 水工部 次長 小酒 欽弥 氏 ほか

17:00  閉会

 

 

RSSでウェブサイト更新情報を配信いたします。